年上の方をお招きした日の献立

年上の方をお招きした日の献立

敬老の日、お姑さんをご招待した日の献立です。

少しお歳を召した方や、ちょっと気のはる年上のご夫妻などをおうちに招待するときのご参考になればと思います。お姑さんはお酒をたしなむので、冷酒を用意しましたが、必ず最後には緑茶をいれます。また途中でお水も用意しました。

?お漬け物いろいろ

最初からお漬け物を出しています。市販のものと、きゅうりや大根の浅漬けは手作りのものを。前菜がわりにもお漬け物はいいものです。

?秋鮭のマリネ

秋鮭は骨に注意して抜いてから、1身を3つぐらいに分けて切り、それに粉をはたいて揚げます。甘酢にタマネギの薄切りと一緒に漬けて、小鉢にいれて出しました。

*お年寄りのお客様がいる場合、大皿盛りばかりだと遠慮したり、食べていただけなかったりします。小鉢など一人分ずつのものもいくつか出すようにしていますが、必ず、少量にします。

?大根と生ハムのマリネ

少し洋風なものも喜ばれるようです。薄切りにした大根と生ハムをあわせてイタリアンドレッシングにつけてしんなりさせたものを、これは秋鮭のマリネと同じく、小鉢にいれて出しました。

?煮豚

お年寄りの方でも、やはりお肉はどーんと出したほうが見栄えもいいし、逆にひとりではなかなかそういうものは食べないとかで姑はよろこぶので、ローストビーフや焼豚なんかはメインでよく作ります。今回は、八角と醤油と、たっぷりめの黒砂糖でしっかりと煮込んだ煮豚です。卵も一緒に煮付けて、半分に割り、小松菜と一緒に盛りつけました。煮豚は甘めのほうがおいしいと個人的には思います。

?手まり寿司

ご飯ものは、ひとくちサイズのものを。私は酢飯に、サーモンやまぐろ、いかで手作りしましたが、市販のものでもいいのではないでしょうか。若い人も一緒の会ならば、ここでお腹を満たせるように多目に用意します。

お年寄りと一緒に食事を楽しむときは、あんまり長くなりすぎないよう、適度に切り上げられるような献立にします。なのでコース料理のように出すのではなく、だいたい全部いっぺんに食卓に出して、最初にひとくちビールで乾杯し、冷酒を楽しみます。

それで、ある程度終わりになったなと思ったら、熱いお茶をいれて、小さなケーキをデザートとして出します。和菓子より、ちょっと洒落た、今話題の店のケーキなどのほうが案外と喜ばれるようです。

もさもさあんまん

ある日の夕方、スーパーをうろうろしているとワゴンの中に特売品がずらり。肉まんやピザまん、あんまんにカレーまん。飲茶まんの特売がやっていたのです。ラッキーでした。

私は冬になると3日に1回なにかしら中華まんを食べるので、常に冷凍庫にストックがあるのです。まだ少し時期的には早いですが久しぶりだったのでスイッチが入ってしまいました。

肉まんとあんまんがセットになったものを買うことに。早速帰って食べようとワフワフしながら帰宅しました。

一旦冷凍させたほうが美味しくなる、という根も葉もない理論を信じている私。すぐ食べたいのをガマンして、一旦冷凍させます。ほどよくなったころにレンジでチンするのです。

その日は迷った結果あんまんを頂くことにしました。寒い冬の日、何か甘いものが食べたいなあとコンビニに入るとほかほかの中華まん。間違いなくあんまんを買いますね。

珍しいですが、こしあんのあんまんが好きです。あれば必ず買います。あんまんにわざと少しからしをつけると、またこれがさらに美味しいのです。

とろっとした熱々の餡が、寒さで冷たくなった体にしみ込んでいきます。ああいう瞬間に「生きてて良かったー」と感じますね。大げさなようですが、人間そんなものです。

冷凍で家で食べるものでも、ほわほわの生地にしっとり餡というのがまた美味しかったりするものです。ちょっと食べたいな小腹が空いたなというときに、ぴったりです。

その経験が私には染み付いていますから、今期初のあんまんにはかなりショックを受けてしまいました。

まずレンジでチンをすると生地がパッサパサのカチカチになっていたのです。分厚いガーゼを食べているような、なんともいえない食感でちっとも美味しくありません。

そして中の餡もボサボサで、甘みが少なく水気もない状態。食べるのに一苦労でした。お茶で流し込むようにして食べたのですが、まるで裏切られたような気持ちになりました。

中華まんといえば、というメーカーのものを買ったのでその分ショックも大きかったですね。

もさもさした食べ物がとにかく嫌いなので、今回のことで私の好きなものランキングからあんまんはかなり順位を落としてしまいました。また美味しいあんまんが食べたいです。

この調子だと一緒に入っている肉まんもあまり美味しくないのでしょう。せっかく買ったのに今から食べる気がしないなんて、捨てるしかないのでしょうか。辛いですね。

夫になんとかして押し付けてしまおうかと考えています。お酒で蒸したり、ちょっと工夫はしてみようと思います。